出会い系だけじゃない!援交相手を探す色々な方法と注意点

援助交際の相手を探す方法は色々とあります。最も一般的なのは出会い系サイトですね。出会い系サイトは基本的に援交目的の書き込みを禁止しておりますが、隠語を使っている分には規制されません。ただ、最近ハッピーメールの運営会社に「援助交際を助長、放置した」という理由で家宅捜索が入りましたので、どのサイトでも規制は厳しくなってくると思います。その中で、今ある隠語がさらに難解に変遷していくとも考えられますので、その変化には常に注目しておいたほうがよいでしょう。

今のところは「ホ別○○」といった隠語がよく使われます。○のとこには数字が入り、それに万をかけた数字が、相手の希望する援助額ということになります。出会い系サイトには、その手の書き込みをしている女性が多数いますので、相手はすぐに見つけられるでしょう。その日のうちに会うことも可能であると思われます。ただし注意しなければいけないのは、出会い系サイトには「援デリ業者」が紛れているということです。

援デリ業者というのは、援交という形で客を取る風俗嬢、あるいはそれをとりまとめる組織のことです。素人女性を装い、男性にメールをして、ホテルに誘い、セックスをして金を受け取る。こういうことをする人々のことを援デリ業者と呼ぶわけですね。援助額は大体、相場通りの2万円とされていることが多く、その額でプロの風俗嬢とセックスできるのなら、むしろ嬉しいくらいだと感じる男性もいると思います。

しかしその一方で、本物の素人とセックスをすることに援交の価値があるのだと考える人もいるでしょう。業者は自分のことを業者だとは言わないので、出会い系で相手を探すと、知らず知らずのうちにプロに料金を払っていたということになりかねません。素人を好む男性は、出会い系サイト以外のところで相手を探すことも覚えたほうがよいでしょう。

ネット掲示板

出会い系サイト以外の方法でいちばんおすすめなのは、ネット掲示板を利用することです。たとえばLINE掲示板やSkype掲示板など、出会いを目的に利用されるのでない掲示板にあっても、援交を目的に出入りをしている女性はたくさんいます。「誰か助けてくれない?」とか「パパ」とか、そういった書き込みをしている女性に連絡をとればよいのです。もしそのような書き込みをしていないのでも、連絡先を交換し、「条件教えてくれる?」などと言えば、自分が援交目当てに掲示板を使っていたことを明かし、いくら欲しいと伝えてくる女性は結構多いのです。また、こちらから援交に誘った時点で、お金貰えるなら会ってエッチしてもいいかなと考える女性もいることでしょう。

この手の掲示板には出会いを目的としない男性もいて、客を取るのに不便であるため業者はほとんど出入りしていません。正真正銘の素人と関係することができるのです。

SNSなど

ネット掲示板以外にも、相手を探す方法はあります。それがSNSやツイッターなど、他者との交流が可能な場所です。ツイッターを経由してセフレを得たなどといった話は枚挙に暇がありませんし、SNSも昔から、主に若い世代の出会いの場として利用されてきたものであります。ネット掲示板と同じで、SNSなどではっきりと「助けてくれる人いないかな?」などと言っている女性もいますし、こちらから誘ったときに、それならエッチしてもいいかもと考える女性もいることでしょう。

ただし問題は、SNSでは基本的に出会いを求める発言は禁止されています。出会いを求める発言を可能とするには、そのサイトを純然たる出会い系サイトとして役所に届け出なければならないのです。その届出を行っていないSNSの管理者は、自らのサイトが出会い系サイト化しないように目を光らせなくてはいけません。違反が見つかれば、その人が二度とそのようなことをしないように、一定期間の利用停止や、強制退会といった処分を下すのです。

したがって、会おうよなどと言うたびにペナルティが下されるわけですから、言い回しに気を遣ったりするなど、SNSで相手を探すのはすこし面倒だといえるかもしれません。先に述べた出会い系やネット掲示板の補助的なものとして捉えておくのがよいでしょう。ただ、この手のサイトには女子大生くらいの若い子も多いので、相手を探しておいても損はありません。使えるものはすべて使って相手を探してみてください。

18歳未満に注意

出会い系サイトに登録した人は、必ず、18歳以上であることの証明をしなくてはいけません。身分証やクレジット決済を行ってそれを済ませるのです。つまり出会い系サイトでは、ある程度は、18歳未満と関係してしまう危険が排除されているといえます。姉や母親の身分証を使って登録する子もいるので、油断はできませんけれどね。

しかし、ネット掲示板やSNSには、18歳未満の少女も普通に出入りしていますので、注意しなくてはいけません。怪しいと思ったら必ず年齢確認をするようにしてください。保険証などを出された場合は本当に彼女のものかわからないので、たとえばネットカフェなど、年齢を確認したという履歴の残る場所へいったん遊びに行くなどして、対策を講じておきましょう。援交はあくまでも犯罪に関わることですから、それ相応の覚悟をもって臨んでくださいね。